FX ギャンの価値ある28のルール

第19条:値頃感でトレードしない

「高いからといって売ったり、安いからといって買わない」

人間には記憶があります。FXのある通貨相場でも、あるいはハンバーガーの値段でもいいのですが、一定レベルの価格や値がある期間続くと、それが常識になってしまいます。

それが「値頃感」。

FX相場でドル/円が110円なら、すぐ売っていいかどうか。あるいは90円なら買ってもいいかどうか。そんな値頃感が合っているという保証はまったくありません。

こんなに安いのだからと思って買ったら、まだまだそこから下落が続くかもしれません。高値に関しても同様ですね。

またレンジ相場などで、高値で売って1回成功したからといって、再度の売りもまた成功するかどうか。たまたま同じFXレートであっても、その背景が同じというわけではないからです。

「値頃感」というカンに従うのではなく、やはりしっかりFXチャートの動きを眺め、分析してからの売買にしたいものです。

きついことを言うと「安い」とか「高い」という言葉を捨てるべきでしょうね。あくまで相対的な、なんとも信用できない言葉なのですから。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^