FX ギャンの価値ある28のルール

第18条:売りも厭わないトレード

「買いと同様、カラ売りも厭わないこと。トレンドに従って益をだすのが目的」

ましてやFXの場合は通貨ペアの売買なので、買いも売りも同質です。たまたまFXチャートの上方向が買い、下方向が売りになっただけ。

付け加えれば、せいぜいスワップがプラスになるかマイナスになるか程度の違いでしょう。
それなら買うことだけにこだわるFXトレードは理屈にあいません。

問題はトレンドがどちらを向いているか。そしてそのトレンドに従って取引して、結果的ル益を出すことが目的です。

円を軸にした通貨ペア、つまりクロス円のFX取引も一時はロングにこだわる個人FXトレーダーが大多数でした。

スワップが高額のプラスになるし、なんといっても円キャリーの傾向が強かったため、ロングにしていればそのうち儲けることができたのも事実です。

問題は参入のタイミングを間違えないことだけ、という時代が長かったですね。

でもリーマンショック後の円高推移から、もう買うのも売るのもお好きなようにというFXトレードになってしまいました。

FX取引で売り買いに好き嫌いを言うべきではないのです。トレンドが向いた方向に追従してポジションを持つ。
なんといってもFXの最終目的は益を出すことなのですから。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^