FX ギャンの価値ある28のルール

第17条:ひんぱんな取引の禁止

「あまりにもしばしばエントリーしたり決済したりを繰り返してはいけない」

ひんぱんにトレードするということは、1回ごとに得られる利益が少ないということです。
通常、もう少し長くポジションをキープしていれば、もっと大きな益を得られる可能性があったのではないでしょうか。

もちろんボラティリティが高くて、上昇・下落が激しいFX相場なら、参入・離脱を迅速にすることは悪い作戦ではないでしょう。

長持ちしていると何が起きるかわからないような状況もあります。

しかしケースバイケースではあるものの、回数の多すぎるFXトレードは好ましくない結果をもたらす可能性が高いものです。

手数料もかかります。スプレッドも考慮しなければなりません。回数が多いと図に乗りすぎたり、FXトレードが雑になるリスクもあります。

トレード回数が多くてしかも利益も大きければ最高でしょうが、現実には難しいような気がします。

そんな意味合いをこめて「あまりにもしばしば」という表現になったのでしょうね。
必要に迫られて、仕方なく「しばしば」程度のFXトレードなら、許容範囲なのかもしれません。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^