FX ギャンの価値ある28のルール

第15条:利小損大を避ける

「小さい益出し、大きな損失を避けよう」

当然とはいえるのですが、やはりそうか・・・というルールです。

10条の「手仕舞ルール」とも関連してきますね。

大きな損失をさけるためにはストップロスの活用です。ポジションをとると同時にストップロスを設定しておく。そして万が一の場合も資金の10分の1(あるいはもっと少なく)以上の損失はださないようにしておく。

含み損になっているのに、ついつい頑張ってポジションをキープし続けるようなFXトレードは決してしてはいけません。

逆に含み益が出はじめたときは、どれだけ頑張れるか努力してみましょう。もちろん頑張るにしても、それが結果的に損失になるような頑張りはタブーです。

益を確保するのもストップロスの役目。FX相場の推移につれてストップロスを柔軟に引き上げ(トレーリング)てください。

難しいことですが、損切りは早めに。益出しはなるべくゆっくり。

簡単にはできないでしょうが、このルールを座右の銘としてFXトレードしていきたいものですね。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^