FX ギャンの価値ある28のルール

第8条:リスクを均等に分散する

「リスクを分散すること。ひとつの通貨ペアに集中させず、できれば2つか3つの対象に分散する」

一極集中のFX取引は危険すぎるということですね。

たとえばドル/円のようなメジャー通貨ペアであっても、それだけに集中してFXトレードをしているとやはりリスクが高くなります。

もし可能ならユーロ/ドルや豪ドル/円など、他の通貨ペアにも資産を分割するのが安全ということでしょう

ギャンは言っていませんが、FXの場合は取引会社の分散というとらえ方もできます。

どんなに信用できそうな取引会社であっても、その会社が絶対とは言い切れません。できれば2社か3社に口座を分けるほうが賢いでしょう。

実際、通常時には安心のFX会社であっても、アクセスが集中するといきなり止まるような取引サイトもあります。

ポジションを取ろうとしても、なぜか「ディーラーチェック」という不思議な介入メッセージによって、約定に時間がかかることもあります。
「なぜだ?」と怒っても仕方ありません。あとでどんなにクレームをいれても意味がないのです。

FXトレードにはいろいろなリスクがあるのだと諦めるしかありません。
個人トレーダーにできるのは、せいぜい口座の分割、取引会社の分散程度でしょうか。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^