FX 分散投資

両建てはトクかソンか。よーく検証してみよう

FXの両建てとは、たとえばドル/円の買いポジションを持っているときに、同時に売りポジションも持つことです。

上がると思って買ったけれども、ガクッと下がってきた。かといって買いポジションの損切りはしたくない。もう少し下がる可能性がありそうなので、とりあえず売ってみたというパターン。

買いと売りなので、プラスマイナスは相殺されます。一種の凍結状態ですね。

両建てをしていれば、読みに反してどんどんFX相場が下がってもロスカットの心配をしないですみます。だから、ついやってしまいがち。

しかし両建ては、片方を外すタイミングが非常に難しいのです。

たとえば100円の買いと95円の売りを持っていたとしましょうか。

理論的には売りに含み益の出ている92~3円で売りポジションを解消し、そのままFX相場が反転上昇すれば成功です。

あるいは100円より上で買いポジションを解消し、その後にFX相場が下げてくれても成功です。

しかし「ここで反転」などと正しくFX相場の動きを読み切れるでしょうか

たいていの場合、途中の97円あたりで売りポジションを損切りし、上がればいいのですが再度の下げ。また95円以下に下げてしまった・・・。損切りしただけ大損です。

「含み損」という言葉にごまかされないこと

絶対にやってはいいけないというトレードではありません。しかし両建てでうまく成功したFXトレーダーの例が非常に少ないのです。
理論的には、両建てするくらいなら含み損のポジションを解消して、新しく売りポジションを建てるべきです。

ただし、FXでは単なる含み損が「実際の損」になってしまうのが痛いんですね。だからついつい、従来のポジションを温存しておきたくなる。

でも、できるだけ両建ては避けるべきです。

アゲンストの風なら、そのアゲンストのポジションを切る勇気を持ってください。その上で、何もしなくてもいいですし、あるいは売りに転じてもいいでしょう。

実は両建てを禁止しているFX取引会社もたくさんあります。

両建てするつもりで新しく売りトレードすると、意に反して前から持っていた買いポジションを清算されてしまう。そういうFX会社もたくさんあります。

要するに「買いポジションの決済」「売りポジションを建てる」ことは内容的に同じということなんです。

内容的に同じなら、わざわざ新規にポジションを建てて証拠金を使う必要はありません。

絶体絶命で仕方なく・・という局面もあるでしょうが、可能な限り両建てはしない。そう決めてしまうことをお勧めします。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^