FX 分散投資

ドルコスト平均法もFXに応用が可能

FXにまわせる証拠金に余力がたっぷりあるなら、かなり機械的なトレードでもうまくいく可能性があるのです。
どうせ素人、FX相場の先行きを読もうなどとするから大間違い。プロにだって読めません。ましてやろくな情報もない個人トレーダーがFX相場の予測なんてできるわけがない。

そういうアキラメの境地にいたれば、また違ったFXトレード方法も生まれてきます。

たとえば有名な投資法に「ドルコスト平均法」があります。

ドルコスト平均法とは「ある一定の日に一定の額を買う」という戦略ですね。

投資信託に給与の中から毎月2万円を使うと決めた場合、いつも決まった日(たとえば毎月1日)に買いを入れます。

相場が高くても安くても、きっちり2万円ぶん。

高いときには少ししか買えません。安いときには多めに買えます。

すると長いタームでは取得値が平均化され、しかも安いときに多く買っているのでだんだん含み益が出てくるはず、という考え方です。

ドルコスト平均法ではFX為替益を期待できない

FXトレードにそのまま当てはめるのは難しいでしょうが、考え方としては面白いですね。

こうした戦法をとるのなら、あまり相場の乱高下のないFX通貨ペアで、しかもプスラスワップが継続しそうなものを選ぶべきでしょう。

もしトルコリラなんて買い続けたら、数年あとにどうなっているやら。大儲けできる可能性もありますが、大損になっているかもしれません。リスクが高すぎる。

となるとドル/円とかユーロ/円のようなメジャーな通貨ペアでしょう。あまり大変動はなさそうで、多少なりともスワップのつくポジション。

「定額を使う」の部分をどうFXに当てはめるかも難しいところです。あるときはドル円を1.2万ドル買う、あるときは0.8万ドル買う・・という形がいいのか、それとも単純に1万ドルと決めたほうがいいのか。

そのへんの詳細は自分なりに工夫してください。

 

長い目で見ると、ドルコスト平均法のFXトレードは為替益も出なければ為替損も出ません。

スワップだけが益として積み重なっていくという戦法ですね。

実際に運用しているFXトレーダーは、毎月定日などと固く苦しいことはいわず、多少とも安値のときに買うという人もいます。

またある程度枚数が揃って、なおかつ相場が天井圏に届いたら、高値で買ったポジションを整理して、1~2円安いところに買い指し値を入れるという修正作戦にしているFXトレーダーもいるようです。

バリエーションはいろいろ。でも毎月機械的という部分がドルコスト平均法の芯の部分です。

いきなり実践するのではなく、しばらくの期間を「仮トレード」として検証してみるといいような気もします。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^