FX チャートポイント

フラッグやペナントのチャートポイント

FXでも株式相場でも、トレンドとトレンドの間に停滞期が生まれます。
停滞といっても横一線にチャートが動くわけではなく、ある程度のジグザグはあります。でも上にも下にも抜け出せない。いわゆる持ち合いです。

こんなとき、FXチャートの動きを注意深く見ると、面白い形になっていることが多いものです。

この形状によって「フラッグ」とか「ペナント」「ウェッジ」など、いろいろな名前がついています。

まずフラッグとはその名のとおり「旗」ですね。横に平行四辺形の長い旗がたなびいている形です。

たとえばFX相場の下降トレンドの中で一時的に斜め上方向に吹き流されたような形でできあがるのが下降フラッグ。反対は上昇フラッグです。

一定幅の中の動きではなくだんだん動きが収縮するようなFX相場の推移なら三角旗、つまりペナント。

このペナントがもっと急角度で、上方向や下方向に突き出すならウェッジ。
ちなみに上でも下でもない平行のジグザグ移動ならボックスでしょうね。

ブレイクアウトか、ダマシの動きかを判断

こうしたFXチャートの特殊な形は、その持ち合いから抜け出したときの動きが大きくなりがちなので注目されます。
つまり上離れ、下離れの「ブレイクポイント」です。

FXチャートにフラッグやウェッジが形成されそうな雰囲気なら、その上値・下値を結んでみましょう。

そのラインの中に相場がおさまっているなら、まだまだFX相場は持ち合い。ラインの上付近では売り、下では買うという作戦が成立します。

そしてラインとチャートが交差して破れる点が大事なチャートポイントですね。そこを抜け出すか、あるいは抑えつけられるか。

ブレイクアウトしたかどうかの判断はなかなか難しいところがあり、下手すると「ダマシ」にもひっかかります。

そのためFXトレーダーの間では「下降トレンドのフラッグから下へのブレイクアウトは信用できる」とか「上昇トレンドのフラッグから下へのブレイクはダマシが多い」など、いろいろな通説が生まれています。

興味をもったらぜひ研究してみてください。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^