FX チャートポイント

ヘッド&ショルダーのチャートポイント

FXチャートが作る山頂・谷底の話をしたついでに、ダブルトップ、ダブルボトム、そして三尊(ヘッド&ショルダー)にも触れておきましょう。

FXチャートのダブルトップとはその名のとおり、高値圏で二つの山頂の形ができることです。ダブルボトムはその反対に安値圏での二つの谷底ですね。
それぞれ、FX相場の天井、大底になる可能性があるとされています

これはFXトレーダー心理として考えると納得しやすいことです。
天井をつけて、少し休憩して態勢をたてなおし、もういちどトライしたけど抜けなかった。もう諦めよう・・ということ。

ダブルトップの場合は山・ちょっと谷・山というFXチャートの形ですね。

二度目の山をつけて下落したFX相場が、前回の「ちょっと谷」の休憩点レベルを越えて落ちると図形としてのダブルトット完成。

そこからは一気に下落する可能性がある。
このため「ちょっと谷」の休憩レベル値がかなり重要なチャートポイントとなります。

チャートポイントを割ると倍の下落

また三尊(ヘッド&ショルダー)とは、お釈迦さまが二人の弟子を両脇に立たせたシルエットといわれます。
左肩と頭と右肩というふうにも見えますね。小山・大山・小山。

上にトライして跳ね返された。元気を出して再トライで高値更新。でもまた落された。三度目の正直でまたトライしたけど、前回にも届かなかった・・・。

この場合は、落胆して下落したFX相場が前回の安値、つまり再起をしたレベルよりも落ちるとズルズル落ちるといわれます。

「再起をしたレベル」とは、ヘッド&ショルダーにたとえると首の付け根のラインです。

FX相場でこの重要なチャートポイントを割ると、ネックラインから頭頂までの幅と同じだけ下落する可能性があるそうです。

実際には、なかなか明確なヘッド&ショルダーなどFXチャートには表れません。
そのため「あれはヘッド&ショルダーだったから」とFXアナリストたちの後付け講釈に使われることも多いのですが。

でも研究の余地ありですね。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^