FX チャートポイント

みんなが知ってるチャートポイントに意味がある

FXトレードで頼りにする「レジスタンス」や「サポート」ももちろん重要なチャートポイントです。

というより、大きなチャートポイントだから「上値抵抗になってくれるだろう」あるいは「下値支持になってくれるだろう」ということ。
そういう意味では発想が逆でしたね。

まずはチャートポイントありき。みんなが納得して支持するチャートポイントだからこそ、そこがFXトレードの攻防のラインになる。レジスタンスやサポートになる。

一種の戦争ごっこのような雰囲気もあります。誰かがどこかに陣地を作るから、敵がそこを攻めてくる。

攻めて来そうだから、陣地を頑丈にして要塞化する。要塞の前面には守備兵がいるはず。要塞の中には食料なんかが溜め込んであるはず。

だから要塞を必死になって攻める。うまく突破したときの報酬が大きいのです。

実像・虚像いり混じったチャートポイント

そしてチャートポイントでの攻防が重要になりそうな雰囲気をかぎつけて、世界中のFXトレーダーが駆けつけてきます。

そうやって、ちょっとした陣地だったはずなのに、いつのまにか大要塞になってしまう。おまけにもっと不思議なことがあります。

その陣地、何万人の兵士がいるか誰にも知られていないのです。
FXマーケットに流れる雰囲気とウワサだけ。

実際に攻防戦が始まると、実はモヌケの空だった・・ということさえある。
現実のFX相場でも、重要なサポートラインと称されていたゾーンを、スルリと突き抜けてしまうことがよくあります。

逆に、抵抗などないだろうと思われていた空白地帯で、いきなり激戦が開始されることもあります。

つまり数々のFXチャートポイントがあるように見えても、FX相場を左右するような本当のチャートポイントはその中のほんの少しだけなのかもしれない。

これがあらかじめキチンと読めればいいんですけどね。
だからFXで儲けるのは、けっこう大変なのです。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^