FX ローソク足

FXでは日足の「終値」にあまり意味がない?

そもそもは江戸時代の米相場で発案されたといわれ、その後も株式相場で愛用されてきたのがローソク足。
そのため米相場や株取引に由来したニュアンスの言葉がいまでも生き残っています。

そのままではFXに適用しない部分もたくさんありますね。FXではちょっと修正を加える必要があります。

たとえばFXではザラ場で実現した値が非常に重要な意味を持ちます。ヒゲを軽視してはいけないということです。

また日足の「終値」も、FXではどのていど重視すべきか、実はちょっと疑問があります。

毎日一定時間だけ取引場を開いて、午後3時にいったん終了というのが株式。しかしFXの市場は24時間連続しています。

FXの日足はニューヨーク市場の終値を区切りとするのが一応は習慣になっていますが、しかし現実にはそのままズルズルとオセアニア市場につながっていますね。

また熱心な投資ファンドや個人トレーダーは「終業時間になったからFX取引はオシマイ」というものでもありません。
残業もあるし、早朝出勤もあるわけです。もちろん個人FXトレーダーは早朝でも深夜でも取引しています。

オセアニアから始まりニューヨークで幕を閉じる1日

オセアニアから始まりニューヨークで幕を閉じる1日。もちろん大きな投資会社が組織として取引するのは現地時間の日中でしょう。

たとえばFXのニューヨーク市場は、公式には日本時間の夜10時から始まります。

米国の経済指標は現地午前8時30分発表というスケジュールが多いし、現実にはその1時間くらい前からFX相場が動き出します。

でも一気に動くのはやはり現地時間の午前9時ごろ。

朝のミーティングをすませて「さて,やるか」とFXディーラーたちの動き出す雰囲気がトレード画面を通しても伝わってくるようです。

そしてロンドン市場のFXディーラーたちが退社する頃合いになると、ニューヨークも(通常は)取引が薄くなり、そのままズルズルと終了。

「通常は」と書きましたが、例外もあるので要注意ですね。日本時間の深夜・未明が大騒ぎになることもあるからです。

ということで、FXの場合の日足の「始値」「終値」はあくまで便宜的な区切りにすぎないと考えるのが正しいかもしれません

どこかで区切らないとチャートが作れないので、一応は区切る。そんなふうに考えておくほうがいいんでしょう。

また週の始めはオセアニア市場から開始です。その意味ではやはりオセアニアから動きは始まって、ニューヨークで終わる。そのほうが納得しやすいというのも事実です。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^