FX ローソク足

ローソク足の基本

もうご存じと思いますが、ここでローソク足の形の意味をもう一度整理しておきましょう。

・白抜きのローソクは「陽線」です。
・陽線は1本のローソクで表現されるるその時間内にFX相場が上昇したことを示します
・実体部分(胴体の部分)の下端はその時間内の最初のレート、つまり「始値」を意味します。
・実体部分(胴体の部分)の上端は、その時間内の最後のレート、つまり「終値」を意味します。
・実体の下についたヒゲ(カゲ)は一時的な安値の限界を示しています。
・実体の上についたヒゲ(カゲ)は一時的な高値の限界を示しています。

・塗りつぶしのローソクは「陰線」です。
・陰線は1本のローソクで表現されるるその時間内にFX相場が下落したことを示します。
・実体部分(胴体の部分)の上端はその時間内の最初のレート、つまり「始値」を意味します。
・実体部分(胴体の部分)の下端は、その時間内の最後のレート、つまり「終値」を意味します。
・実体の上についたヒゲ(カゲ)は一時的な高値の限界を示しています。
・実体の下についたヒゲ(カゲ)は一時的な安値の限界を示しています。

ローソク足から読み取れる4本値

つまり1本のローソクがあらわすのは

・レートがいくらから開始されたか
・最安値、最高値はどこまで届いたか
・最終的にいくらで終了したか

という情報です。

この4つの情報を「4値」「4本値」といいますね。

ですから上下にヒゲのついた1本の陽線があったとしても、どこの段階で下値を探ったのか(下ヒゲ)、どの時点で上値を求めたのか(上ヒゲ)は不明です。
でも単純な折れ線グラフのチャートに比べれば、得られる情報ははるかに多いですね。

・下ヒゲがついたからには、売りの圧力があったことは事実(その長さでパワーが推測できる)
・上ヒゲもあったのだから、もっと買おうという意欲が一時的にあったことも事実(その長さでエネルギーが想像できる)
・しかし結果的には陽線の上端でおちついた。始値と終値の幅が、この時間帯の買いの強さを総合的にあらわしているはず。

FXトレーダーはこうした目でローソク足を眺めます。スルメみたいに、噛めば噛むほど、読めば読むほど味が出てくる。

そんな深さがあるから、ローソク足はいまでもチャート表記方法のチャンピオンなのでしょう



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^